【カニカマ】タイの女の子が大好き!これも立派な刺身です

AGEHAさんに遊びに来て、女の子を指名し、テーブルに付き、飲み物を頼み、じゃあ何かツマミや料理でも注文しようか・・・という時、皆さんどうします?

「自分の好きな物を頼んでもいいが、できれば、女の子も喜んで一緒に食べられる品が良いなあ~」

そんな風に考えた時、お薦めなのが「カニカマ」です。

「カニカマ」の元祖については諸説あるようなのですが、1972年に石川県七尾市の水産加工メーカーであるスギヨが「珍味かまぼこ・かにあし」として発売した物が最初らしいです。

発売当初は「カニが入っていない!インチキじゃないか!」と苦情が寄せられていたそうです。

それから半世紀、世界中で人気になったのですから世の中分からないですね。

さて、タイの人たちは「カニカマ」が大好き。現地系の日本料理店で出していない所はほとんどないでしょう。「刺身の盛り合わせ」がメニューにあれば、必ずカニカマがついてきます。

彼らには「日本食=寿司・刺身→寿司・刺身=カニカマ」というイメージがあるようです。

だから、AGEHAさんで料理に迷ったら、「カニカマ」を頼んでおけば間違いありません。女の子たちの箸が自然と伸びていきます。

スーパーに行くと、同じカニカマでも種類によって値段がかなり違っています。値段の違いが質の違いにつながっているようで、安い物を買うとボソボソで魚の味がしなかったりします。つなぎばかり使っているんでしょうね。

その点で言えば、AGEHAさんの「カニカマ」は最高に質の良い物です。食べてみれば、その事がはっきりと分かります。

その上、量もたっぷり!女の子たちがたくさん食べても、自分の分をちゃんと食べる事ができます。

このボリュームで150バーツですからね~。お店の人気メニューの一つだというのもうなずけます。

女の子の喜ぶ顔を見たいなら、カニカマで決まりです!さっぱりしててお腹にもたれないのも中年の僕にはグッドです。



各種クレジットカードが使える安心店

アクシデント時、クレジットカード決済のタイバーツ現金化等お助けします

タニヤスピリット 1万円レート

最終更新日時:09/19

2,900THB

前日比:-10THB

タニヤのアゲハですぐ使える!メルマガ登録でお得なプロモーションGET

タニヤのアゲハ大広間席

アゲハのカウンター

アゲハの個室

アゲハの個室2

アゲハ店内

アゲハの店内2

アゲハの店内3

アゲハの店内4

アゲハの個室3

侍

アゲハの入り口

アゲハの看板

共同経営者を楽しむ

俺たちのAGEHA

恋するタイのアゲハ嬢

店長ブログ

アゲハの最新情報を取得するなら!

苦情・クレーム・相談室