私的タニヤ論 / タニヤ復活の日本人開拓者を求む

私が初めてタニヤを訪れてから二十年ほど経つだろうか。
最初、会社の出張で訪れたタニヤは
現在のそれとは比べ物にならないほど、日本人が闊歩していた。
歩く日本人はもちろんの事!タニヤ通り自体が自信に満ち溢れていた!!
銀座や新宿とはまた違った味を醸し出していて
一年に二回のバンコク出張が、本当に楽しみだったものだ。
まさに大人の遊園地と言っても良い場所だったのだが・・・

バブル崩壊、長引く不景気。これらの影響がこのタニヤに影を落として久しい。
タニヤの斜陽ぶりは目を覆うばかりの悲惨な現状がある。

その不景気後のタニヤしか知らない者は
『タニヤのサービスは機械的』『何にでもすぐ金を要求してくる』
私のように昔のタニヤを知る者は
『昔はサービスがしっかりしていた』『店の質が落ちた』『女の質が落ちた』
世代や時代が違っても異口同音にタニヤや店の責任にしようとする。
しかし、本当にそうなのだろうか。

確かに昔よりもサービス業という面で見ても店・女ともに質が落ちているのも事実。
その原因は、果たして店だけのものなのだろうか、私は決してそうは思わない。
私たち客の側にも、責任の一端があるのではないだろうか。

不景気が続き手持ちの遊び資金も乏しい。しかし遊びは止められない。
客は店に料金割引を求め、女の子に過大なサービスを要求する。
店や女の子は、それに対する対価が安いと不満を抱く。

客は減る一方で、それに対抗し店達は割引合戦をする。
収入の減った店から、スタッフや女の子への分配が減る。
女の子も自分を安く売り、小さな労力で大金を得ようと考え始める。
女の子が、客に個人営業を始める。店の客が減る。
女の子が他の店へ移っていく。更に客が減る。そして経営が行き詰まる。
このようなスパイラルがタニヤで状態化しているのだ。

あくまで私の考えではあるが、再びタニヤに客足を集めるには、
店舗側から発信する以外ないのではないだろうか。
客に対して遊びに行くように促したところで魅力のない店には行かないし
女の子に対してもっとサービスの向上を求めても収入の見込めない店では
頑張るはずがないのだ。

時々美人でサービスもよく黙っていてもどんどん客の集まる女の子が
生まれたりすることもあるが、そうなった場合その女の子の動向一つで
店の行く末が左右されかねない。
商品である女の子の質を高めるのは当然ではあるのだが
それを安定的に客に供給するためには店舗の質が土台とならないとダメなのだ。
特に日本人の消費者はいつ行っても同等のサービスや品質を求める厳しさがある
それは飲食店でも小売店でもカラオケ店でも同様なのではないだろうか。
店舗が客に対しても女の子に対しても魅力のある店を作ること
まずここからだと思う。

一番大事なのは他店との差別化、個性。
タニヤの店を横並びに見ても個性のある店は本当に少ないと思う。
女の子の年齢層、店の雰囲気、オフありオフなしなど多少の違いはあるが
際立ったものがある店が見つからない。
特にタイ人オーナーと思われる店は本当に横並びで
その日その日の客を頼りにしていて、常連客を作ろうと言う空気ではない。

かつて野球拳やノーパンしゃぶしゃぶを看板にする有名な店があった。
私は両方共利用したことがないのだが、こう言う姿勢を見せる店には好感を抱く。
自らが他店との差別化を考え出しそして図り個性を打ち出す努力を見せる。
成功するしないの話ではなく、その姿勢を見せることが大事だと思う。
日々努力も工夫もせずただ客が来ないことをボヤくよりよほど建設的だ。

そして、この店『アゲハ』であるが
野球拳もノーパンしゃぶしゃぶもなくなり、どことなく膠着しまったタニヤ通りに
『女体盛り』と言う新しい風を吹き込んだ。
これはセンセーショナルな出来事だ。なかなか痛快だと思った。
話によるとオーナーさんは特に飲食店の経験があるわけではないらしいのだが、
開店以来、昼間営業、居酒屋メニュー、外国人客の受入、女体盛り。
今までタニヤどころか、『カラオケ店』のコンセプトになかったことを
法律の難しいタイのバンコクにも関わらず、次々と導入し実現してきている。
実に面白い人間ではないか!!

私は、まだ女体盛りを経験していない。
年齢のせいもあるが余程特別なことがない限り自分から経験しにいくことはないだろう。
しかし前述したように、新しいものを吹き込み変えていく力。
私は、こういうものを持つ人物を応援したくなる。
恐らく、これに留まらず今後も色んなアイデアを導入して実現し
楽しませてくれるのではないかと思わず期待して応援したくなるのだ。

黙っていても客が集まる時代はすでに幕を下ろしてしまっている。
客側も店舗側も少し謙虚な気持ちを持つのも必要だろう。

これからはアゲハオーナーのような新しい開拓精神を持った日本人が集まり、
互いに切磋琢磨しタニヤに、かつての隆盛を取り戻していただきたいと切に思う。

(在住ロングステイヤー)

▲このページのTOPへ

関連記事

各種クレジットカードが使える安心店

アクシデント時、クレジットカード決済のタイバーツ現金化等お助けします

タニヤのアゲハですぐ使える!メルマガ登録でお得なプロモーションGET

タニヤのアゲハ大広間席

アゲハのカウンター

アゲハの個室

アゲハの個室2

アゲハ店内

アゲハの店内2

アゲハの店内3

アゲハの店内4

アゲハの個室3

侍

アゲハの入り口

アゲハの看板

共同経営者を楽しむ

俺たちのAGEHA

恋するタイのアゲハ嬢

店長ブログ

アゲハの最新情報を取得するなら!

苦情・クレーム・相談室